プロフィール

koke*cocco

Author:koke*cocco
coccoは発達障害です。
ズボラな母kokecoccoが、
これまでのこと~いまのこと~これからのことなどを綴っています。
どうぞごゆるりと・・・。


ブログ村


fc2 ランキング


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もお越し下さってありがとうございます。

いや~春ですねえ

coccoは、今日、学校のお友だちとカラオケに行ってます。

だんだんお休みの日に友だちと一緒に出かけることも増えて、嬉しい限りです。



このゴールデンウイーク明けには、またまた企業実習が始まります。

今回、学校側でセッティングしてくれたのは特例子会社ばかりです。
2年生全員が1週間づつ、それぞれの特例子会社で実習させて頂きます。

coccoの実習先も決まり、もうすぐ親も含めた面接があります。
親もキチンとスーツを着て行くんですよ。
私なんて、年齢不詳の「怪しいオバちゃんコドモ」(50過ぎのオバちゃんにも見えるし、ヘンチクリンな中学生にも見える・・・ )なので、スーツを着ると私が就活でもしているような感じに見えてしまいます。。。(-_-;)

この前の春休み中に、coccoが入っている発達障害児の会で某特例子会社の見学会がありました。
あの・・・今、ドリカムのあの人・・・吉○美○さんがCMやってるあの会社です。

そこが素晴らしかった!!

ひとりひとりの特性に合わせて、「その人に出来ること」を見つけてくれて、更にひとりひとりがやりがいを持てるような仕事をさせてくれます。

今まであまり口もきけなかったひとりの社員さんが、根気強いケアのお陰で、今では毎日笑顔で出社し、会社にとってかけがえのない人になっている、という話を聞きました。

泣きそうになっちゃいましたよ・・・。

そして、障害を持った人たちに対する会社側の目が優しい!!忍耐強く見守ってくれているのを感じました。

そういった優良企業なので、一度入ったら、なかなか辞める人もいないし、年々、特例子会社に希望する人も増えてきているので、とってもとってもとーっても狭き門になるわけです。

この企業を例にとると、年間500人近い方々が見学にくるそうですし、実習する障害者の人たちも何十人といるそうです。
その中で、就職できる枠は1~2名。こりゃ~、かなりの難関です

ひとくちに特例子会社と言っても、いろいろな会社があるので、それが全部イイ!!というわけではないでしょう。
特例子会社以外でも、素晴らしい会社もたくさんあると思います。

最低賃金は保障されていて、その上に厚生年金や交通費、その他の支援もあればもっといいけれど・・・
そういう会社に入るためには、coccoもそれに見合った働きが出来るような人間にならないと話になりません。
せっせと頑張ってもらうしかありません。

入社することも大切だけれど、長く続けられることの方がもっと大切。
そのためにも、coccoに合った長く続けられる職場とのめぐり合わせがあればいいなあ、と感じています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
よろしかったらポチっと応援お願いします。
スポンサーサイト

コメント:

なるほど~
特例子会社っていう言葉を初めて聞きました。
確かにそんないい会社なら狭き門になりますよね~(汗)
でも、そういった企業が少しでも増えてくれたらいいんですけど、難しいんでしょうかねぇ。
職場は確かにめぐり合わせと縁ですもんね。
よい出会いがあるといいですね。

v-343がおさん
きっとがおさんの娘さんが就職する頃には、特例子会社も増えていると思いますよ。
特例子会社だったら、娘の将来も少し安心して見守って行けると思うんですが・・・。
それでも、やっぱりどんな職場であれ、環境や人事が変わってしまったら、また難しくなることもあるだろうし・・・
とにかく、ちょっとやそっとじゃメゲない強い社会人になってほしいと思います。

私が子供の頃は、不器用な人でも携われる仕事が沢山ありました。接客は出来ないけれど素晴らしく美しい和菓子を作る人、釣り銭が計算出来ないけれど沢山の器を軽々と運ぶ出前を下げる専門の人など。近所の商店で多くの人が働いていたものです。
機械化が進んで、簡単な仕事は機械がやってしまう時代。逆に単純作業ほど臨機応変が求められ、何でもこなせなくては雇ってもらえません。お茶くみOLなんて死語ですよね。
学校ならどこかしらもぐり込めても、就職については本当に困り果てています。ただでさえ就職超氷河期ですもの。

特定子会社というのも、ノーマライゼーションの観点から考えると、う~ん…と考えてしまいます。かといって家事が全く出来ない娘には、永久就職(←これも死語?)のほうが遥にハードルが高いし。
娘が社会にでる頃に奇跡的に景気が良くなることと、いつか心優しい姑様がいる家庭に嫁げるようにと、祈るのみです。

v-343クリさん
も~~~、本当にそうです!!同感同感。同年齢の娘を持つ親の気持ち、一緒ですね。涙でそう。。。

やっぱり女子なのだから、永久就職には期待しちゃいますよね。。。
だけどだけど、幸せな結婚生活がずっと続く保障もないし(経験者は語る)、将来、結婚・子育てって本当に出来る???って、ものすごーく大きなクエスチョンマークがぶら下がっているのですよ。。。トホホ。

独身であったとしても、何とか生きていけるすべを身に付けさせねばならぬ、と焦ります。
支援を受けながらでも人並みに生活できるようになれば・・・と願うばかりです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。