プロフィール

koke*cocco

Author:koke*cocco
coccoは発達障害です。
ズボラな母kokecoccoが、
これまでのこと~いまのこと~これからのことなどを綴っています。
どうぞごゆるりと・・・。


ブログ村


fc2 ランキング


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もお越し下さってありがとうございます。

ここのところ、ちょっとバタバタしておりまして・・・
更新できずにおりました。

さてさて、昨日のことですが・・・

coccoさん、やってしまいました・・・

大切なお友だちのことを「ハンバーガーみたい」と言ってしまったらしく・・・
(co, coccoさんよ~~~~ なんてこと言っちまったんだい!)

先生曰く「coccoちゃんは悪気があって言ったわけではなくて、悪口という感じでもなく、ただその場で言っていいことと悪いことがまだよく判断できないことがあります。これからの課題です。」

はい、はい、全くその通りでございます。

人様の悪口を言って、人を傷つけるような子には絶対なってほしくありません。

だから、先生が「悪口ではなくて場が読めない」という風に分かって下さっていたことに感謝しています。

coccoは、そののんびりペースゆえ、あまり人様の悪口を言ったりイジメたりするようなタイプには見えないし、実際、そんなことにまで頭が回るほど脳ミソも十分ではありません。

だから「悪口」ではないのですが、実際にそんなつもりはなくても、人を傷つけるようなことをポロっと言ってしまって失敗することがあります。

それにしても・・・

ハンバーガーとは・・・

見たまま、感じたままを言ってしまったcoccoに
「cocco!! あんたっ!!絶対に他人の顔とか体のことを言っちゃダメだよ!!」と厳重注意しました。

本人、ハンバーガーがどうして悪いのか、さっぱりトンチンカンなようです。だってcoccoはハンバーガーが大好きだから。。。
(このへんの解釈の仕方がなんとも難しいです・・・トホホ


そういえば、以前、カーリーさんの学童でも一度、そんなことがありました。
cocco、小学1年生の時です。

学童に迎えに来た同級生のお母さんに面と向かって
「こんにちは!あの、歯が出ていますね。」(←cocco、ニコニコ。  相手のお母さん、顔が引きつる。  私、アッチャー・・・やってもうた・・・

見たまま、感じたままを言ってしまう恐ろしさ・・・痛感しております。
coccoよ~、そろそろ学習しておくれ。 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
よろしかったらポチっと応援お願いします。




スポンサーサイト

コメント:

ハンバーガー・・・
どんなお友達なんだろうと、考えてしまった(笑)
coccoちゃん的にはハンバーガー好きだし、何がダメなんだろうって感じなんですね。
娘も外見を見てでじぃ~っと何か言いそうな時が
多々あるのですが、なんとかこらえてます(-_-;)
色々言いそうでヒヤヒヤ。

こんにちは☆
うちも相手にとって失礼な事を言ってしまう時が良くあります。
毎日のように「そう言われたら相手は嫌な気分になるよ」と教えてますp(´⌒`q)
療育グループで一緒の子はヤ○ザに「ママ!あの人、手に絵があるよ!なんで手に絵があるの!?」と大声で言ってしまった子がいます。
衝動的だし、その後の予想がつきづらいのかなあと思っています。
相手にとって失礼な事と言うのはケースバイケースで教えるのがとても難しいな~と思います(^。^;)

うちもですよ~!
しかし、ハンバーガーってどんな感じなんでしょう?(^。^;)
見たまま悪気なく言いますからね~。何度注意しても。
難しいところですよね。

ハンバーガーも笑えますが、最後の「歯が出ていますね」で噴出してしまいました!めちゃくちゃストレートに言っちゃいましたね・・・でも小学1年生なら、定型の子でも言っちゃうかも?
それにしてもハンバーガーみたいな子って・・・体型が??顔が??考えてしまいましたw

うちも将来、上手にしゃべれるようになったら、今度はそういう問題が出てきちゃうんだなー、と勉強になりました。

うちの娘は「●●さんって、『はにふへと』っていう感じだよね」という表現をします。彼女なりのニュアンス表現なのでしょうけれど…。
また、眉毛の角度とか、ホクロの位置など0,01%でも似ているところがあると「ソックリ!」と言い出します。全然似てもいない芸能人を引き合いに「歌手の●●にスッゴイ似てる!」と騒ぎ出すので、言われた本人も、周りもどう反応して良いやら凍り付くんですよ。
言うと無視されて、クラスメートが立ち去っていくことから、「言ってはいけない」は、やっと最近学習できてきました。仲間はずれにされようと、そうやって身につけていくしか無いのでしょうかね。

こんばんは♪

あちゃ~・・・ですね・・・。
息子もその傾向大!!です・・・(^_^;)
まだ、パッと言葉が浮かばないみたいで何とか助かっていますが、当人がいなくなってから言葉が浮かぶのか、色々言ってくれます。
「なんでアノ人は髪の毛ないの~?」とか
先の方も仰っておられたみたいに「あそこの人、背中に絵書いてる~♪」とか・・・


もぅヒヤヒヤです・・・。
言葉がすんなり浮かぶようになるまでに、なんとか理解させようと試行錯誤中です!!

v-343pingaさん
そうそう!ジーーと凝視して不気味な沈黙のあとに・・・・
なんかトンデモナイことを言いだすんじゃないかとヒヤヒヤもののことってありますよね。
もうホントに、こういうのが困っちゃいます(-_-;)
大きくなるにつれて、許されないことも増えてきますから・・・
難しい課題のひとつです。

v-343小春さん
ほんとですよね!ケースバイケース、難しい!!
その場の雰囲気を和ませる時もあれば、相手を傷つけてしまうこともあるし・・・
空気を読むって、本当に難しいです。
coccoが小さい時は、外に連れ出す度に「何か言いはしないか・・・(・・;)」と焦ったものです。

v-343がおさん
ハンバーガーと言っても・・・
coccoと体型もそれほど変わらないし、よくニコニコしている仲良しの女の子なんですよ~。
だから、仲良し=好き=ハンバーガーという図式もあるみたいで・・・(^_^;)
それにしても、言われた方は華の女子高生、傷つきます。。。
coccoは、まだまだ発展途上です。いつまでたってもこのままか・・・(-_-;)

v-343ゆうママさん
ゆうママさんのところは、日本独特の「空気を読む」ことの大切さよりも「自分のことを表現できる」ことの方が重視されるお国柄ですから、この辺のハードルはもう少し気楽に考えて大丈夫かもしれませんね(^'^)
日本って、「空気が読める」ことをものすごく重要視する場合もあって、これで苦労することって健常者でもあると思うんです。
そちらのお国は実際、どうなんでしょうか?知りたいです。

v-343クリさん
「はにふへと」ですか~。これはまた面白い表現!!
なんとなく娘さんの言いたいことは伝わってくるような「はにふへと」ですね。
そうですか・・・無視されるのも辛いですよね。。。だって、本人は悪気があって言ってるんじゃないんですものね。
辛いなあ。。。。うまく表現できないだけなのに。。。
こういうのって抽象的なものだから、説明してもなかなか理解できないですよね。
何か良い方法ないものかしら???

v-343ふねさん
そうなんですよね~。でも、きっと息子さんは、その場で言っちゃいけないのをなんとなく感じとっているのでは?

「あの人、なんで髪の毛ないの~?」ってその人の前で言われちゃったら、親はどういう反応すればいいんだか・・・。いなくなってから発した言葉で良かったですね。
ホント、ハラハラしますよね。。。
何か良い方法を見つけたら是非是非教えて下さ~い!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。