プロフィール

koke*cocco

Author:koke*cocco
coccoは発達障害です。
ズボラな母kokecoccoが、
これまでのこと~いまのこと~これからのことなどを綴っています。
どうぞごゆるりと・・・。


ブログ村


fc2 ランキング


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もお越し下さってありがとうございます。


前回、自閉症を描いた映画のことを書きましたが・・・

こんなこともあったなあ。。。と思い出したことがあります。


coccoが小学4・5年生の頃だったか・・・

こんな詩を書きました。


----ともだち----

ともだちっていいんだよ。
だれかが「たすけて」っていったら
たすけてあげる。
みんなが「ほっ」とひとあんしん。

ともだちっていいんだよ。
だれかがないていたら
みんなが「だいじょうぶ?」って
こえかけてあげる。

ともだちっていいんだよ。
だれかがこまっていたら
「これはこうだよ」って
おしえてあげる。

ともだちっていいんだよ。
だれかがころんでたら
「だいじょうぶ」っていって
ほけんしつにつれていってあげる。

ともだちっていいんだよ。
だれかがいじめられたら
「やめて、ぼうりょくはいけないよ」って
まもってあげる。

みんなともだち。
百万人みんなが、まもってくれるよ。



学校で詩を書く授業があって、これを書いたcoccoは「だめだ~!」と言ってグチャグチャに丸めてしまいました。
それを仲良しの友達が「だめだよぉ、coccoちゃん。せっかく書いたのに・・・」と言って、きれいにシワを伸ばしてくれました。

そのお陰で無事に先生に提出することが出来ました。

この詩をみた先生(当時、個別支援級から通級していた普通クラスの担任)が、みんなの前でcoccoの詩を褒めてくれました。

それが個別支援級の先生にも伝わって、とても褒めてくれました。

当時の校長先生とPTA会長さんも感動してくれて、いろいろな方向に広がっていき、この詩にメロディが付いて学校唱歌になりました。

今でもcoccoが卒業した小学校で歌われています。

正直言っちゃうと

パパドリと私は「なんでそんなに???」って感じだったのですが・・・

娘の気持ちが分からぬ冷たい心の親なのでしょうか・・・

そうだよなあ。。。考えてみれば、coccoが小学校低学年の頃のイジメ時代を思うと・・・・
それを乗り越えて、歪みもせず曲がりもせず、学校へ通って・・・
その後、この小学校に転校して、初めて出来た本当の友だちのことを想って書いた詩だと思うと・・・

やっぱりcoccoの心をもっともっと見つめてあげなくちゃいけないんだな。。。。
(↑と、反省しつつ、未だにcoccoの心をきちんと見つめていない私

当時、この詩にはcoccoちゃんの優しさが溢れていると多くの方に褒めて頂きました。
なんと、有難いことか・・・

新聞に載ったり・・・よその小学校の生徒さんからたくさんのお手紙をもらったり・・・
そして、予想外にもっと広がっていきました。

それはまた次回に。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
よろしかったらポチっと応援お願いします。




スポンサーサイト

コメント:

初めまして♪

本当に素敵な詩だと思います(´;ω;`)

たくさんの苦しい思いをしたから、友達に助けられた喜びや感動、友達のありがたみがわかるんでしょうね。
お嬢さんは、大変貴重な経験をされたんですね。
しかもそれを乗り越えられた・・・!!

私もそんな強い心を息子に持ってもらいたいです。

あと、読者登録いただきありがとうございました♪
どこでお礼を言えばいいのかわからなくて・・・。
コチラでごめんなさい^_^;

私もコチラのブルグに遊びにこさせてくださいませ♪
宜しくお願いしますm(_ _)m

v-343ふねさん
ご訪問、コメントありがとうございます。
がおさんのところから時々お邪魔させて頂いてました。
アメブロの方がいまひとつ使いこなせていなくて…(^^ゞ

coccoの詩のことを褒めて頂いてありがとうございます。
親だとよく分からないんですよ…何が良いんだか…(>_<)

これからもふねさんのブログにお邪魔させて頂きます。
どうぞよろしくお願いしますね。

おぉ~
良い詩だと思います!
なんだか、感性が豊かですよね(^^)
歌にまでなったとはすごい!
coccoちゃん、以前の町長さんといい、有名人ですね~!

とっても素敵な詩ですよ~
coccoちゃんが友達にされて嬉しかったことや、
友達にして喜んでもらえたことの経験が
coccoちゃんと通してとても優しい視線で書かれています。

友達っていいもんだよなぁって思える詩です。
みんなそう感じているから学校の唱歌になったのだと思いますよ(^_^)v

でも自分の子供のことだと「なんで?」って思うかもしれないですね(笑)

すごーい。良い詩ですね。
このような詩を書くことができる心が育まれたってことが、また、素晴らしいです。

ウチの息子も、こういう気持ちを持つ事が出来るように願うばかりです。

v-343がおさん
いつも嬉しいコメントありがとうございます。
がおさんのお陰で、ふねさんともお知り合いになれました。
いつもがおさんが応援して下さって、励みになってます。
どうもありがとう。

v-343pingaさん
そうなんですよ・・・何だか自分の子どものことになると
うまく認めてあげられないのが悲しいところです・・・。
ひねくれずに、真っすぐここまで来てくれただけでも有難いと思わなくちゃ・・・。
 褒めて下さってありがとうございます。素直に嬉しいです♪

v-343こあさん
私がダメダメ母なぶん、coccoにはしっかりしてほしいのですが、
やっぱりcoccoもオオボケののんびり屋です。
呑気なぶんだけ、お気楽な性格なので、それが部分的に良い方向に出てくれることがたま~にあります。
でも、大半はそれがマイナス方向に出てしまって・・・coccoも私も苦労してますよ。トホホ・・・。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。