プロフィール

koke*cocco

Author:koke*cocco
coccoは発達障害です。
ズボラな母kokecoccoが、
これまでのこと~いまのこと~これからのことなどを綴っています。
どうぞごゆるりと・・・。


ブログ村


fc2 ランキング


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もお越し下さってありがとうございます。

今日の話・・・

以前、当ブログで書いたかもしれませんが・・・あやふやです・・・

もし書いていたらごめんなさい。(←探すの面倒  )


coccoは、スーパーなどでBGMが流れていると、それに合わせてノリノリ になることがあります。

今はだいぶ治まってきましたが、小学生の頃は、BGMに合わせて手足をブンブンさせ、体をクネクネ・・・
決して上手とは言えないダンスを恥ずかしげもなく、その場で披露してくれましたので、私は小声で
「ちょ、ちょっと~~~~ そんな踊り、ここでしないの!!」と、よく言ったものでした。

音楽に合わせてるんだったらまだいい。よくイヤホンしながら、ちょっとノッてるお兄さんとか見かけることあるし・・・。

でもcoccoの場合、時々、自分でも鼻歌なんぞ歌っちゃったりして、(←これが思いっきしオンチときている )それに合わせて、これまたアヤシイ踊りを付け加えることがあるんです 。

あれは小学4年生くらいの頃だったか・・・

その日は電車に乗っていて、気を良くしたのかcoccoさん、例によって小声で鼻歌を歌い出しました。
それでは足りずに、やっぱりアヤシゲな手足の動きが加わりました。

例えば、リズムに合わせてチョンチョンと足踏みするような、そんな感じです。

ただ、その日のアヤシゲな動きは、首をピョコピョコとニワトリみたいに上下に動かしていたので、さらにアヤシゲ度数が高くなってしまったようです。

:「cocco、ヘンな動きだよ。それに電車とか図書館みたいに大勢の人が集まるところではシーッ!だよ。」

:「わかったよぅ

そしたら今度は、ひとりごとを言いだし、それと同時に手ぶりも付ける・・・

・・・あっちゃ~・・・

これはなかなか直らないクセでして・・・
いまだに時々ひとりごと、ひとり芝居してます・・・(ただし、今は家の中だけでやるように、できるだけ気をつけようという約束です。)

その後、電車から降りてホームを歩いている時も、「手ぶり付きひとりごと」を小規模ながらもやっていました。

前方から、coccoと同じくらいの年の女の子2人がやってきました。

彼女らの視線はcoccoの方をジーーーーーーーッ・・・・・・・(coccoは視線に気づく気配さえなく小規模アヤシゲ手ぶりを続行中。)

そして、片方の子がもう一方の子の耳元でひそひそ話。
すれ違ってからも、彼女らは後ろを振り返りながらひそひそ・・・。
最後にはプププっとバカにしたようなうすら笑いを浮かべて走っていきました。

それを横でずーっと見ていた私。
切なかった!
「ああ、これが現実かあ。。。そうだよなあ。。。絶対に“ヘンな人”って言ったんだよなあ。。。 」

子どもは、ある意味、残酷です。
見て感じたままを容赦なく表現することがあります。

同年代の子の目に映るcoccoは“ヘンな人”なんだなあ。。。。
そうかも・・・と思ってはいたけど、現実にこういう状況を目の当たりにすると、やっぱり辛いなあ。。。落ち込むなあ。。。

数年前のこの日のことは、「現実をみた日」として今でも良く覚えています。

--------------------------------------------------------------


先日、coccoとふたりで電車に乗っていたら、ひとりごとを言っている人(手ぶり付き)がいました。
coccoは、その人の方をチラチラと見ていました。何も言わなかったけれど「ヘンだなあ。」と思っていたかもしれません。
私が「チラチラ見ちゃダメだよ。」と言うと、coccoはすぐにチラ見をやめて本を読み始めました。

今になってやっとcoccoは「手ぶり付きひとりごと」を公共の場で言うことはなくなりましたが、本を読んでいると声に出してしまうことがあります。
それもその都度注意して直していかなくちゃ…と思っています。

無意識にやってしまうことだから、かわいそうなんだけれど・・・

それでもやっぱり親に出来ることは「それおかしいよ。」って注意してあげることなんですよね。根気よく。

そうやって少しでも自分自身を客観的にみられるようになることや「容赦ないヘンな偏見」から自分自身を守れるようになっていってほしいと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
よろしかったらポチっと応援お願いします。
スポンサーサイト

コメント:

あぁ~
難しいですねぇ
本当に、私の記事と似てますね(汗)
現実というのも、よくわかります。

coccoちゃんはやめるようになって、客観的に見れるようになったのですね。お母さんの努力も大きいですね(^^)
うちも、大声で言わなくていいことを言うので、イチイチ注意していますが、言わなくなるんだろうか?と思ってしまいます(-_-;)

v-343がおさん
いえいえ・・・coccoはまだまだ「人のふり見てわがふり直せ」が出来ませんから・・・(~_~;)
自分の言動と繋げて「あれはおかしいからやめよう。」までは結びつかないんですよ。。。
ちょっとしたことで苦労があるなあ。。。。ふう・・・時々、ものすごく疲れる。
お互いに疲れる時は無理しないようにしましょうね。

BGMにあわせてノリノリ、うちの娘もやります^^;

そっか。今はまだ幼いからいいけど、年齢あがるとそうもいかないんですね。

独り言もしてますし。右手ちゃんと左手ちゃんが擬人化されて、お喋りしてますi-229 見てると笑えるんですが、それも今のうちだけですよねぇ。

v-343こあさん
そうなんですよね~。小さいうちは「可愛いね」とか「ほほえましいね」で通用していたことが、大きくなるにつれて年齢不相応な言動は「ヘンな人」に変わります。
小さい頃って、健常児でも自閉ちゃんがやるようなこととかしますでしょ。それが自然にきえていくのに、自閉ちゃんはそのまま残ってしまう。。。
それでも、遅いかもしれないけれどだんだんと発達していくんですよね。どの子も、どんな子も。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。