プロフィール

koke*cocco

Author:koke*cocco
coccoは発達障害です。
ズボラな母kokecoccoが、
これまでのこと~いまのこと~これからのことなどを綴っています。
どうぞごゆるりと・・・。


ブログ村


fc2 ランキング


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もお越し下さってありがとうございます。

今日は、ブログにちょろっと出てきております「シタドリ」(coccoの4つ下の弟)のことを書きます。

シタドリが、やっと4歳になる頃に、私はママハハ(←なんかイジワルな雰囲気の響き) として、アニドリとシタドリのお母さんになりました。

いや~・・・最初は男の子というものに驚きました。(男の子と言っても、その子によって全然違いますので、正確に言うと、うちのシタドリに驚きました。)

それまで保育園で働いていたので、男の子のことは分かっているつもりでしたが、いざ一緒に生活してみると・・・
あちゃ~~~~ や うひょ~~~~ の連続でした。

coccoが持っていたお人形を裸ん坊にして、お風呂場に頭を逆さにして吊り下げて「死刑だー!」と言ったり・・・(coccoの心はズタズタ

coccoの大事にしていたオモチャをダンボール箱の中に隠しちゃって「封印だー!」と言って出さなかったり・・・(cocco、よく耐えた!えらい!!)

今考えたら、なんてヒドイことをしたアニドリとシタドリなんだろう・・・と思います。

当時、アニドリもシタドリも本当のお母さんがいなくなって、精神的に不安定だったんだろう、と百歩譲って考えたとしても、coccoにとっては荒っぽすぎる歓迎でした。トホホ・・・

その後も、coccoはシタドリの破天荒ぶりに翻弄される日々が続きました。

シタドリが大きなシャベルをガンガン振り回し、coccoの背中に直撃。
(脊髄に当たって、更に障害。なんてことにならなくて良かった・・・。)

ベイブレードを車の中でビュンビュンやり出して、「ゴーシュー!!」と振り上げたヒモみたいなのが、coccoの目に直撃。
(いまだにcoccoの右目の白目に傷が残っている・・・)

気に入らないことがあれば、4歳のくせに自分の体より大きなイスを振り上げて、窓ガラスを割っちゃうとか・・・。

1時間近く、ビービー泣き続けて、どーにもこーにも止まらないとか・・・・。

そりゃ~もう、「シタドリも何か障害があるんじゃないか?」って疑うくらいのヒドイ荒れっぷりでした。

モノを壊す、失くす、散らかす、ダメにする・・・・。
私は何度、怒り爆発したことか・・・。
coccoは、あまり荒っぽいことはしないので、シタドリの荒っぽさがcoccoにどういう影響を与えるのか、かなり気に病みました。

でも・・・、なんとかなるものなんですね。今思うと「こういう人もいる」という最初の良い勉強になったのだと思います。
今じゃ、coccoとシタドリは本当の姉弟のようです。ケンカもするし、仲も良いです。

小さい時のシタドリをもう一度面倒見ろ、と言われたら絶対に断りたいほど、暴れん坊な男の子でした。
今、やっと少し人間になってきて、本当に良かった・・・。
coccoのことも私のことも何かと気にかけてくれます。

勉強は苦手だけど、空気を読むし、人には優しく、ワンワンの良き友だちでもあるシタドリ。

これから、大きくなるにつれてcoccoの障害のこともだんだんと分かってくることになるでしょう。
その時は、きちんとcoccoのことを理解できるような人になって下さい。
coccoは、障害があってもなくても変わらず大切なお姉さんだということを忘れないでください。
そして、これまで一緒に泣いたり笑ったりしてきたことも大事にしてください。
そんな優しい男の子に成長していってほしいものです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
よろしかったらポチっと応援お願いします。
スポンサーサイト

コメント:

はじめまして。

こんにちは。
検索から辿り着きました。
私には手術予定の息子がいます。

私には兄がいるのですが子供の頃はオモチャを頭に投げられるわ折角作った工作は壊されるわ...で幼心に同じく私の心はズタズタ(笑)でした。
この兄の記憶があったので私に息子が育てられるのか少し不安でしたが、これが息子はまったく兄とはタイプが違うのです。
暴れない騒がない聞き分けがそこそこ。私とお花を見て綺麗ーと言う息子です。
義母にはこれだったら外に連れて行くのも嫌じゃないわねと言われるし、実母も兄とは全然違う、こんなに手がかからないと子育てしたうちにはいらないのでは?と言われるくらいです。
しかし実際は生まれてすぐNICUに入り抱くこともできず、産後3日目から電車で一時間かけ面会に行き、普通の妊産婦さんが経験しているであろうことを殆ど経験することなく、喜びよりも不安や辛さから泣いてばかりいました。
だから元気過ぎてパワフル過ぎても健康で問題なく生まれることって幸せなことなんだとつくづく実感しました。
不幸中の幸いで息子は思ったより状態が良く殆ど普通の生活を送っていますが経過観察中です。

今は目下一人っ子全開にならないような子育てをしなくてはと毎日試行錯誤しています。

娘さんに兄弟ができたことは素晴らしいし羨ましいなと思います。(うちは恐らく一人っ子のままです)
特に男女混合の3人は理想的と聞きます。
男の子を2人育てている友人が2人いますが、男の子はちょこっとバカな分(失礼?!)いつまでも純粋と言っていました。そして不器用だからなかなか伝わらないけど優しいと。
だからきっと血はつながらなくても娘さんの事、お母様の事を助けてくれると思います。
身近に実際そういう例があります。

長文長々と失礼致しました。
また寄らせていただきます。



男の子って、お母さんを大切にする子が、多いように思います。

kokecoccoさんが、お母さんとして、シタドリくんを、受け止め、育てていく中で、coccoちゃんとの「きょうだい」関係が、育ち、今、いい感じ。なのですね。

これからも、いろんな事があると思うけど。
coccoちゃんが中心で、うまくいくのかな。って。
そんな風に思いました。

v-343ぴょんさん
ご訪問、コメントどうもありがとうございます。
とっても嬉しいです♪

男の子でも、その子その子によって違いますよね・・・。
ぴょんさんの「元気すぎてもパワフル過ぎても、健康で問題なく生まれてくるって幸せ」という言葉、本当にそうですね。
心に沁みる言葉です。忘れないようにします。
息子さんも、このまま元気で何事もなく成長されるといいですね。
良かったら、また是非遊びに来て下さいね(^^♪

v-343まめうさぎ。さん
本当の兄弟じゃないことで、親の方が、妙な勘ぐりや根拠のない不安などを感じることもありますが、
みんな同じ子どもとして育てるようにしてきました。
シタドリには、優しい男の子になってほしいと思っています。
実は、アニドリの方はあまり期待できないので・・・(~_~;)

子育て、頑張られてますね~
私にはできるかどうか(汗)
男の子って乱暴というか、なんか、擬音で生きてますよね(笑)
ど~んとかばたんっとか。
しゃべらないけど、動く、みたいな(笑)
確かに、女のコとは全然違いますね。
私もびっくりしましたもん、女のコに。
男の子は根が優しいので、大丈夫ですよ。
良いお母さんに恵まれて、息子さん幸せですね。

v-343がおさん
いつも優しいコメント、ありがとうございます。
男女で育て方も違うんだな~って、今も実感しています。
大丈夫ですかねえ。。。こんな私でも。
本当にこれで良いんだろうか?って時々、自分のモノサシでの対応に不安を感じます^_^;
なるようにしかならないんですけどね。ケセラセラ~♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。