プロフィール

koke*cocco

Author:koke*cocco
coccoは発達障害です。
ズボラな母kokecoccoが、
これまでのこと~いまのこと~これからのことなどを綴っています。
どうぞごゆるりと・・・。


ブログ村


fc2 ランキング


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の記事では、思いっきり長~~くなりまして、大変失礼しました。
最後まで読んで頂き、お付き合い下さった方々、忍耐強いです
ありがとうございました。

さてさて、その後のcoccoの小学校生活は、かなり安定したものになりました。

放課後も、カーリーさんの学童ではなくて、障害児を預かってくれる学童に行けるようになりました。
しかも、こちらは学校へバスでお迎えに行ってくれて、放課後遅い時間になっても快く面倒をみてくれました。
職場に文句の電話もかかってこなくなったし、仕事を中断してお迎えに行かなくちゃならないこともなくなりました。

車いすに乗っていらっしゃる方が、その学童の施設長さんだったので、弱い立場の人の気持ちを汲んで下さることが多かったのだと思います。

そんな有難い環境の中で、coccoも私も、少しづつ心の平安を取り戻しつつありました。


そんなある日・・・

同じ公団に住んでいるシングルママから言われました。
「ちょっと、ちょっと・・・kokecoccoさん。知ってる?もし知らなかったら…と思って言うけど・・・」

「え・・・ なあに?(←なんかヤな予感。ヒジョーにヤな予感 )」

「kokecoccoさんちのお隣の○○さん、coccoちゃんのこと色々と言いふらしてるわよ・・・。」

「な、なんて・・・?

「小学生のくせに、母子家庭なのに、タクシー乗って学校に行ってるなんて、何さまのつもりだ、って。」

ひょえ~~~~~
う、うそ・・・

あ、あ、あの・・・優しいと思っていたお隣のおばちゃんが、そんなことを言いふらしてるなんて…

時々、「coccoちゃんへ、これ。」なんて言って野菜をくれたり、ニコニコして挨拶だって普通にしてるのに~?


あんなに苦労して、やっと手に入れた新しい学校生活を、人様にこんな風に思われていたなんて・・・


・・・・どうやら、その話は本当らしく、coccoが近くの小学校に通わずに、わざわざタクシーが迎えに来て遠くの学校に通っていることが噂になってたらしいのです。

あまり変化のない田舎のオバちゃんたちの噂話の格好のネタになってしまったのか・・・

coccoは、ちょっと見た感じじゃ障害があるようには見えないからなあ・・・。
1時間くらい一緒にいると、「アラ?この子、なんか少しヘン。」ってわかるんだけどなあ。。。

そんなこと、わざわざ団地の人みんなに言ってまわるなんて、説明するだけでも1軒当たり30分くらいかかりそうだわよ。

特に居住地付近では、何も問題起こしてないし・・・。周りの人に迷惑かけてないし・・・。

一見したらわからない目に見えない障害だからこそ、誤解されることが多いです。
どうして、あの子あんなことしてるんだろう?とか、ちゃんと躾けてないからだわ。とか・・・。


その後、お隣のオバちゃんには、事情を話しておきました。

そしたら、おばちゃんはこう言いました。
「kokecoccoさんが朝早く家を出る時は、登校時間までcoccoちゃんをうちで預かってもいいよ。」(ニコニコ)
(そんなにすぐ気が変わるのか・・・さっきまで噂してたのに

「あ、ありがとうございます!」
(↑でも、そんな気ない。)


やはりまたどんな噂が立つか分からないし、自閉症ということをキチンと理解してもらうのは困難だと思ったので、お隣のオバちゃんちに預けることはありませんでした。

その代わり、私が早番の出勤の時は、当時、もう70才近い私の両親に朝6時半に来てもらってcoccoを送り出してもらっていました。

そんなやりくりをしながら、なんとか一日一日精一杯の日々でした。


ポチっとが励みになります。お願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
よろしかったらポチっと応援お願いします。

スポンサーサイト

コメント:

私も団地ですので
あることないこと、色々言う人いますもんね(汗)

うちの隣にいたおばあちゃんもすごかったですよ~
通りがかりの私の知らない人のことまで「あの人は離婚してね」とか言われましたもん(-_-;)
もう亡くなってしまったですけど。
年代の近い人たちは、そんなに噂好きではないような・・・
みんな仕事してますしね。

こんにちは kokecoccoさん
また新たなネタ(笑)が!

ちなみに我が家も団地住まい。
(シングルの代名詞?)
隣のご夫妻は60代でお子さんは独立してますが……
怖いです
静かなる怖さ…わかります?
うちの娘が暴れていると、当然全部聞こえていると思います。
今年の春頃、娘の朝早くの暴言と騒音
とうとう玄関越しに「うるさい!」って

引っ越しした時から
「うちはうるさいんでご迷惑かけますが申し訳ありません」
と、会うたびにアピールしてましたが……。
反応がないんですよ

全くお付き合いはありません。
相手にされておりません。
とにかく怖いおばさんです。

どこにいても噂好きのおばさまっているんですね。
噂好きな人は八方美人で顔も広い方が多い印象があります。
そういう方には一線を引くしかないのかも。
深入りは禁物です。
かといって邪険にすると、またあらぬ噂がたつでしょう。
会ったら笑顔で挨拶。
でも、本心は語らず。
それしかありません。

v-343がおさん
やっぱりいるんですね~・・・やだやだ(-_-;)
オバちゃんになると、噂話好きになるって言うし・・・
私も噂好きなオバちゃんにならないように気をつけます。

v-343RinRinさん
へんに親しくなるより、距離をおいた方が良いですよね~。
余計な気を遣わなくてすむし・・・。適度、適度。
沈黙は怖いけど・・・怒鳴りこまれるよりはましですよ。
今、少し前にニュースになった、布団たたきで「出てけ!出てけ!」って大音量で叫んで逮捕されたオバちゃんのこと思い出しちゃいました。
あんなのだったらたまらないわ~(>_<)

v-343starmayさん
まさにおっしゃる通り!!
笑顔であいさつ、本心語らず。それがいいですね!
幸い、今住んでいるところはご近所に恵まれて、本当によくしてもらっています。
うちが騒いでいても、皆さん、温かく見守ってくれていて本当にご近所さんに感謝の日々です。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。