プロフィール

koke*cocco

Author:koke*cocco
coccoは発達障害です。
ズボラな母kokecoccoが、
これまでのこと~いまのこと~これからのことなどを綴っています。
どうぞごゆるりと・・・。


ブログ村


fc2 ランキング


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お越し下さってありがとうございます。

昨日の「衝撃的な現場」について続きを書きます。


学童で、カーリーさんに呼び出されてお迎えに行くことが多かったあの頃・・・。

その日は、仕事が早番だったので、いつもより早くcoccoを迎えに行くことが出来ました。

cocco,どんな風に待っているのかなあ・・・。
そーっと行って様子をのぞいてみよう・・・。

そう思って、学校の廊下を歩いていくと・・・・

何やら学童の教室の中が騒がしい・・・

中をみると・・・

低学年の女の子7~8人が円陣組んで、なんだか中心部に向かって言い合っていました。
ちょっと険悪な雰囲気を感じるし・・・
この空気感、イヤな予感・・・

予感的中でした。

円陣の真ん中にcoccoがうずくまって、まんまるに小さくなって耳をふさいでいます。

女の子たちは立ったままで、縮こまっているcoccoに向かって上からこんなこと言ってました。

「ねえ、なんでcoccoちゃんって、そんなに字がヘタなの?」
「ねえ、なんでcoccoちゃんって、そんなにかけ足がおそいの?」
「ねえ、なんでcoccoちゃんって、そんなに計算できないの?」
「ねえ、なんでcoccoちゃんちって、そんなにビンボーなの?」
「あはははは!!!」

次々に代わる代わる、女の子たちが質問攻めしていました。笑いながら・・・。
coccoは、黙ったまま、ただ縮こまって耳をふさいでブルブル

ショックでした・・・

親として、耐えられない光景でした。

coccoは、そんなことを同級生から言われていたなんて・・・。

coccoは、学校での出来事などをあまり報告しませんし、できません。

そんな現場を目の当たりにして、私はただただ立ちつくして涙をこらえるのが精一杯でした。

「なに言ってんの!!あんたたち。いい加減にしなさい!」って、今の私だったら言えるのに・・・

カーリーさんと身軽さんも支援員として、何か指導してくれるかと思いましたが、お忙しかったのか、その場は、ただただcoccoが耐えているだけでした。

不信感が募りました。学校へも学童へも。。。

そうして、学校側へ適切な対応をしてもらえるように動き出しました。

でも、その先には、まだまだ波乱が待ち受けていました。

長くなりますので、また次回に。(←しつこく引っ張る 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
よろしかったらポチっと応援お願いします。
スポンサーサイト

コメント:

はじめまして。

はじめまして。
さきほどは書き込みありがとうございました。
お名前を頼りにブログ村からたどり着きました。

こっこちゃんの小学校時代のお話を読ませて頂きました。
今じゃ考えられない学校側のあまりの対応に、正直、絶句です。
いじめの温床になっている学童も・・・
大変悲しい事です。

コッコちゃんがこの学校で受けたストレスは図り知れないものだったと思います。
コッコちゃん、それでも負けずにがんばったんですね。
涙が出そうになりました。
また寄らせて頂きます。

極端な例ですが、私も過去に似たような事例を聞いた事が。
多動の子がじっとできずに教室内をウロウロするので、他の子の授業の邪魔だと教室の柱に括りつけられたケースや、校長が家に来て、他の子の迷惑になるから次の学期から学校に来ないでくださいと言われ、支援学校の資料を渡されたケース。
つい最近まで、こんな事が学校で平然とまかり通っていたんですね。(長文失礼しました)

こんにちは kokecoccoさん

もうっ!!引っ張りすぎぃ~。

でも・・・coccoちゃん・・・(泣)
頑張ったね 偉いね。

小学校の対応も学童の対応も最悪ですね。
カーリーさんは今も学童の指導員されているのかな?

coccoちゃんトラウマにはならなかった?
読んでいるだけで切なくなりましたe-263
多分、我が娘がそこにいたら
いじめっ子をいじめて逆にカーリーさんに怒られていたな・・

coccoちゃん大変だったね。我慢してたんだね。
見てしまったkokecoccoさんも辛かったですね。
私ならどうしたかと考えてみました。
やはり、昔の私なら言えなかったかも・・・
今なら学童みんなにお説教ですね。

v-343starmayさん
お越し下さってありがとうございます。コメントからリンクさせてもらうようにすれば良かったですね。失敗・・・(+_+)

これがほんの10年前の話ですから・・・
当時はあまり理解されないことが多かったです。

それにしても、柱に括りつけられるってのは・・・スゴイ話ですね。
学校に来ないでくれ、みたいなことはうちも言われました。

障害を持った子どもたちが、偏見なく、個性として受け止められて、地域で温かく生きていけるような世の中になっていってほしいです。


v-343RinRinさん
ホントホント、今の私だったら、その子たちを叱りつけていると思います。
やっぱり若いうちは何かとズーズーしさも足りなくて…。
こんな時はオバちゃんパワー全開で必要なことを言えるのも大切ですよね~。
coccoはトラウマになっているのかどうか…ちょっと分からないけど、その後、引っ越して良い友だちに恵まれた時、この時のことを振り返って詩に書いていました。
それも後ほどボチボチと書いていきます。(←またまた引っ張る(~_~;))

v-343ジュピターさん
そうなんですよ~。あんな呑気そうなcoccoにも色々なことがありました。
あのボボーっとしている性格が、逆に良かったのかもしれません。あまり物事を深刻に考えず、さらっと流せるところがcoccoにとっては傷を深めなくてすんだのかもしれません。
いやいや~~~、今はものすごくしごかれて傷ついているヒマもないほどです。
年齢の成長とともに精神も強くなっていってほしいです。

それは酷い。
coccoちゃんそんなに大変だったんですね。
誰にも言えずに一人で耐えてたなんて…
そして目撃してしまったkokecoccoさんもショックでしたね。
女子は本当に意地悪なので、私も来年の小学校生活が不安です。

読者登録ありがとうございました。
もしかしてわざわざアメブロに登録してくれたんですか?
私もブックマークでリンク貼ってもよろしいでしょうか?

v-343pingaさん
いや~、この頃って、学校も学童も発達障害のことなんか全然分かっていなかったのだと思います。
特に、ド田舎の学校でしたし・・・。
所変われば人変わる、で、その後引っ越してからは、すべてが上向きになりました。
悲観的なことばかりじゃありませんよ~。大丈夫!
来年からの小学校、そんなに心配しないでくださいね。

アメブロのことがよく分からなかったので、何やらポチポチとしていくうちに、いつのまにか登録されてました。
リンク、ありがとうございます。とっても嬉しいです♪
私もブックマークにリンクさせて頂きます!(^^)!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。