プロフィール

koke*cocco

Author:koke*cocco
coccoは発達障害です。
ズボラな母kokecoccoが、
これまでのこと~いまのこと~これからのことなどを綴っています。
どうぞごゆるりと・・・。


ブログ村


fc2 ランキング


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もお越し下さってありがとうございます。

coccoは小学4年生から、発達障害児のための塾に通っています。
もうそろそろ8年目。。。

学校以外でも「先生」とつく方々に出会えることはいいことです。
中学・高校と学校でしぼられることが多いcoccoですので、こういう場でまた違った先生に褒めてもらうことは心の安らぎになるのかもしれません。

その塾で、先日、女の子を持つお母さん方数人が集まって話をする機会がありました。

女の子ならではの悩みや課題があって、それを皆さんで共有できたことは本当に良かったと思います。

そこでトイレの話がでました。

以前のことなのですっかり忘れていましたが、coccoは小さい頃、トイレが怖かった!

今のように学校のトイレが洋式になっていない頃だったので、学校で和式トイレで用をたすのがひと苦労。怖い。
和式トイレをまたいで、自分の足元をものすごい勢いで水がドドーっと流れていくのが怖くて仕方なかったようで・・・

外出先でも、当時は和式と洋式が半々くらいだったので(今じゃほとんど洋式ですが)、洋式トイレが空くまでガマンして待っていたものです。

それが終わって、またひとつ怖いハードルが・・・

手を洗った後のドライアーって言うんですか、あれ。ゴーーーっと音がして風で水を飛ばすあれ。
あの音がイヤでイヤで・・・

手を差し出すどころか、逃げ回ってましたよ。。。
まだすごく小さい頃は、「キレイにしなくちゃダメよ!」なんて無理に手を出させたこともありましたが、今思えば、酷なことをしてしまった・・・。
あの時、首を横に傾けて耳を塞ぐような格好してたものなあ。。。

今はゴーゴー音がなるドライヤーでも手を乾かせるようになりましたが。それっていつからだろう。。。
知らないうちに「あ!、これ大丈夫になってる。」っていうのも増えてきた気がします。

大きくなってくると、苦手なものも苦痛が軽減されたり、それなりに自分で回避の方法や代替え方法を見つけていくのかもしれません。

日常の中の小さいことでも、フツーの人だったら何でもないことなのに、発達障害の人たちはこんな風に苦労しながら生きているんだなあ。。。苦労が少なくなって心が軽くなりますように。。。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
よろしかったらポチっと応援お願いします。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。