プロフィール

koke*cocco

Author:koke*cocco
coccoは発達障害です。
ズボラな母kokecoccoが、
これまでのこと~いまのこと~これからのことなどを綴っています。
どうぞごゆるりと・・・。


ブログ村


fc2 ランキング


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もお越し下さってありがとうございます。

ここのところ、小学生編のドヨヨ~ン と辛い内容になっております。
ちょっと今、元気ない…って方は、どうぞスルーして下さいませ。

座敷牢での生活も1カ月…2カ月と続き、学童でも相変わらず・・・。

ついには、cocco・・・何を思ったのかジャングルジムの上で○○ッコをしてしまって大変な事態になったこともありました。

カーリーさんは「ジャングルジムの上からだなんて、考えられません。」(一体どーいう教育しているんだと言いたかったと思います。)と、呆れかえってため息をつきました。

こうなってくると、私もcoccoの精神状態がかなり乱れていると心配になりました。
だって・・・ジャングルジムの上で○○ッコですよ 
一体、どうしちゃったんだ・・・cocco...。
私だって、こんなことになっちゃって・・・悲しくて・・・。
ああ・・・coccoがどんどん壊れていく・・・
coccoのことをちゃんと理解してもらえるように、親の私が何か出来ることをトコトンやらないとダメだ・・・。

とにかく何かアクションを起こさねば と、焦りに焦りました。

まずは、学校に「個別支援級」を作ってほしいと懇願しました。

座敷牢で過ごし、学童では心ない言葉を浴びせられ・・・
こんなことが6年間も続くなんてゾッとしました。

担任の先生へ話に行くと・・・

学校からの返事:「一学年に同じ障害の子が3人以上いないとダメです。」

私の心の声: 「・・・ そんなのどう考えたって無理。同じ障害だって?他の色々な障害を合わせたとしても、学校内で障害児はcoccoひとり。それに1学年30人ちょっとしかいないんだからそこで3人障害児を見つける方が無理って話だろう。最初から個別級なんか作る気なさそう。。。」

その後、何度も担任や学年主任、最後は校長までお願いしに行きましたが・・・・

・・・玉砕でございました

※この時痛感したのが、母親一人で主張しても無駄だということです。絶対に「男性」(父親でもジーちゃんでも親戚のオジサンでもいい。)がいた方が、学校側の対応が変わってきます。

うちは当時母子家庭だったので、しかも、そんなことを考えもつかなかったので、一人で一生懸命に直談判していたわけです。努力も水の泡でした

そんな「努力も水の泡」を続けているのと並行して、町の教育委員会の門もたたき続けていました。なんとか現状打破しようと必死でした・・・。

町の教育委員会でも「それを言われてもねえ。。。」「今ここでどうすることもできないし。。。」「上の人に話しておきます。」
と、こんな感じの返答ばかりでした。

それでもメゲずに何度か教育委員会も訪ねてみましたが・・・

こちらも玉砕でございました・・・

そんな中、ある一人の方との出逢いで一筋の光が見えてきました。

それはまた次回に。

お帰り前にポチっとお願いしま~す
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
よろしかったらポチっと応援お願いします。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。