プロフィール

koke*cocco

Author:koke*cocco
coccoは発達障害です。
ズボラな母kokecoccoが、
これまでのこと~いまのこと~これからのことなどを綴っています。
どうぞごゆるりと・・・。


ブログ村


fc2 ランキング


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お越し下さってありがとうございます。

coccoが1歳半くらいの頃のことです。

このころからcoccoの発達にアヤシイ一抹の不安が現れ出しました。

kokecoccoは、そのころ保育園で保育士をしていたので、なんとな~く
「他の子とは心が通じ合ってる瞬間がよくあるのに、自分の娘coccoとは、それが少ないなあ・・・。」と思っていました。

coccoも私の働く保育園に一緒に連れて行っていました。
kokecoccoは、0歳児クラス担任。coccoは1歳児クラスに入っていました。

一つのお部屋に集合する時なんか、coccoの存在はなるべく見ないようにしながら、自分の担当の子を抱っこしなくちゃならないのが、けっこうキビシかった

coccoもその状況を「なんでだ???」と思っていたかもしれません。いや・・・親への関心が薄い赤ちゃんcocco、もしかしたら何とも思ってなかったかもしれないけれど・・・。そしたらちょっと親として悲しい現実

何か分からないけれど、なんかがヘン、なんかがヘン・・・という日々でした。


保育園での仕事は勤務時間が不規則なので、遅くなる時は元夫のジーorバーがお迎えにきて、先に連れて帰ってくれました。

そんでもって、これまたメンドクサイことにcoccoには、同じ年のいとこ(女の子)がいて、この子も同じ保育園に通っていました。

元夫のジーとバーは、いとこの女の子とcoccoと、同い年の女の子2人を面倒見てくれていました。

↑でナゼ(メンドクサイ)と言ったかと申しますと・・・・

このジーとバー、いとこの子とcoccoを比べるのでございますよっ!!

何かっつーと「(仮にピカちゃんと呼ぼう。ジーバーにとっては何でもできる優秀な自慢の孫。)ピカちゃんは、もうこんなことが出来るのねえ。それに比べてcoccoちゃんは・・・」ってな感じで、よく比較されておりました。

ピカちゃん、coccoより1年以上早く歩行完成。

ピカちゃん、coccoより、言葉も豊富。

ピカちゃん、coccoより、体も大きいので運動能力も格上。

cocco、完全にすべてのジャンルで ペース。

ああ、ああ・・それが許せなかったのでしょう。

ふたりそろって元バリバリの教員であったジーとバーにとっては、coccoの存在はプライドを傷つけまくるありえない存在だったのかもしれません。

だってホラ・・・あの発言だもの。
「うちの家系にこういう子はいない。」・・・・

ヒドイじゃないのよっ

・・・・あーーー・・・今思い出しても頭にくる発言だな。

・・・この辺りで私の言葉も乱暴になってきました。すみません

「底辺へまっしぐら」は次回へ続きます・・・

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
よろしかったらポチっと応援お願いします。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。