プロフィール

koke*cocco

Author:koke*cocco
coccoは発達障害です。
ズボラな母kokecoccoが、
これまでのこと~いまのこと~これからのことなどを綴っています。
どうぞごゆるりと・・・。


ブログ村


fc2 ランキング


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もお越し下さってありがとうございます。
ご訪問、とっても嬉しいです


うちの近所においしいパン屋さんがあります。

パパドリも私もパン好きなので、子どもたちが登校した後に近所の美味しいパン屋さんへ行って、無料のコーヒーとともに、ちょっとゆっくりしてくることがあります。

それとは別に、少し遠いところに障害者施設に併設しているパン屋さんがあります。こちらは車で10分くらい。
ここでも、美味しいパンを安く売っています。

先日、パパドリとお腹が空いたからパン屋さんへ行こうということになりました。

近所のパン屋さんへ行けば、近いし無料コーヒーとともに美味しいパンが買えるのですが・・・

パパドリは障害者のパン屋さんへ行くことにしました。

(ここで、近所のパン屋さん→ご近所パン  障害者施設併設パン屋さん→安ウマパン と呼ぶことにします。)


私「わざわざ遠い安ウマパンに行くんだね。私もその方がいいけどさ。。。」

(私は障害児を育ててきているから、できるだけそういう場所で買い物をしたいと思っているし、障害者の方々が一生懸命がんばるのを応援したいと思っている。
だけど、パパドリって、そりゃあcoccoのことはあるけれど、自分の本当の子どもは健常児だし、普通に生活していたら「障害」ということがあまり自分のアンテナに引っかかってこないんじゃなかろうか・・・。
わざわざ遠い安ウマパンまで、ガソリン代をかけて行くというのは、どこから来るんだろう・・・。)

ふと↑のようなことを思い、パパドリに聞いてみた。

私「普通だったら、近くて美味しいパン屋さんに行くよね。わざわざ、なんで?」

パパドリ「・・・そうだなあ。もしかしたらさ・・・。」
    「小さい頃、近所に障害がある子がいたんだけど、その子と一緒に遊んだ時にさ、母親が「あら、良かったわねえ!」って、ものすごく嬉しい顔したんだよね。その顔、今でも覚えてるんだよね。そういうのが今も影響してるんカナ?」
    「あの時にさ、もし母親が「あの子とはあまり遊ばないで」なんて、安っぽいドラマのセリフみたいなことを言ったら、自分の考え方も変わってたのかもしれないね。」

・・・ああ!母親のたったひと言とか、一瞬の表情が、子どもの心に蓄積されて、ものの考え方とか価値観とかに影響していくんだ・・・。

私の発するひと言で、子どもたちの心を優しくすることだってダメにすることだってできるんだ・・・。


パパドリは、以前にもその安ウマパン屋で、車いすに乗った障害者が焼き芋を売っていた時に、迷わず3本買っていました。(1本200円×3本)
近所のスーパーだったら1本100円で買えるのを知っていたので、私は買う気はなかったのですが、パパドリは「ああやって売ってる姿を見たら、普通、買うでしょ。」と言ったので、私は何だか恥ずかしくなったのを覚えています。


パパドリは、自分の実の子どもたちは障害児じゃないけれど、自分が小さい頃に通っていた教会に障害者がいたり、そういう施設にボランティアに行ったりしたらしいので、少しは理解が深いのかもしれません。

だから、障害児がいる私とも再婚できたのかもしれません。

普段は、いい加減なノンキおやじだけれど、ちょっとだけ見直すところもあるのね。
いつまでも、わざわざ遠い安ウマパンまで買いにいくような優しいおやじでいてくださいよ。
そうして、子どもたちがその姿を見てくれたら、きっと優しい心の持ち主になってくれるのかも・・・と淡い期待を抱いちゃったりできるんですから。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
よろしかったらポチっと応援お願いします。



合成写真

前回の記事では、皆様のコメントの励ましのお言葉が身に沁みて・・・

体調が悪い時の「やさしい言葉」は何にも代えがたい良薬になります。
ありがとうございます。

その後も、ちょっと必要以上にオーバー に、痛さ辛さを家族にアピール。

こういう時に、誰がどれだけ優しくしてくれるかを観察する。イヒヒ

そんな中、coccoが入っている発達障害の会・親の会の会報の係りをやっている私は、せっせことキーボードをカシャカシャやって頑張ってます。えらいぞ、私!(←自分に甘い。)


あ・・・本題からそれました。

本日のタイトル「合成写真」についてです。

先日、小学校を卒業するシタドリが卒業記念アルバムを持って帰ってきました。

その中で「これさ~、合成写真なんだよ。」とシタドリが指す数枚の写真が。。。

見ると、ひとりの個別支援級の子が、どれもこれも同じ表情、同じ服装、同じポーズで数枚の写真に写っていました。


個別支援級の子どもが普通学級へ交流しに行く時に、その子その子で決まった交流先の学級があります。
その交流級で、遠足や運動会、何かのイベントなどにも一緒に参加するのですが・・・。

なんだか、とってつけたように「参加してます」風を主張している合成写真に、ものすごく違和感を感じました。
だって実際には、その交流級の写真の中に入っていないのに、「いる」ように作っちゃってる訳ですから・・・。

昔、私が学生の頃、卒業写真撮影当日にお休みしてしまった子は、集合写真の右上あたりに丸枠の中に欠席者として写り込んでいたような写真でした。

それならそれで、ちょっと「ヘン」な感じはしたけれど、みんなが「ああ、欠席したのね。残念。」って感じで了解してました。

だけど、技術が進歩して写真もどんな風にでも加工できる今の世の中、「いない」はずの人を、さも「いる」ように作り上げてしまうのは、なんだかアナログ時代の私には、イヤな後味が残るわけです。

個別支援級の子が参加していない交流級に、さも参加してます風に写っていたら、自分がその子の親だったらイヤな感じがするかも・・・。

交流していなかったら、それはそれでいいじゃないですか。「いない」のに「いる」ようにウソつくのはイヤなものです。

シタドリ曰く、「一生残るものなのに、合成写真なんてヘンだよね。。。」

ホントにそうだ!

個別支援級で頑張ってきたんだから、いいじゃないか!
交流級にいなくたって、いいじゃないか!

合成写真で存在している集合写真の中のわが子を見て、その子の親はどんな気持ちになるんだろう。。。


もしかしたら、何か理由があるかもしれないし、その子の親御さんは了承済みなのかもしれないけれど、同じ個別支援級に通う子どもの親として、ものすごく違和感を感じてしまうのは、私の気持ちがちっちゃいからでしょうか?

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
よろしかったらポチっと応援お願いします。

何だか、今日はPCの調子が悪いようです・・・

ここまで書くのも四苦八苦(・・;)

途中でフリーズしそうなところをダマシダマシやってます。

長い記事を書くのはムリそうなので、明日、また~!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
よろしかったらポチっと応援お願いします。

今日もお越し下さってありがとうございます。


昨夜、coccoが録画しておいた「はじめてのおつかい」を観ました。

小さい子が頑張っておつかいする姿にちょっとホロリとしてしまいます。

しかし、この番組を観るといつも思うこと。。。。

3才くらいなのに、ちゃんと親の心を読んで、気持ちを察して、周りの状況をみて、自分で自分を励まして、泣きながら頑張る・・・
そんな子がたくさん出てきます。

あーあ・・・ちょっと切なくなるなあ。。。

coccoが小さい時って、こういうことは皆無だったなあ。。。

「がんばれ、がんばれ」って励まして、そんな親心に懸命に応えようとする健気さっていうんですか・・・
そういうことの積み重ねひとつひとつで、親子の絆っていうものも強くなっていくんでしょうに・・・

小さくても親の気持ちに応えようとして、よ~くお話をきいて、出来るだけ頑張る姿なんて、親にしてみたら、そりゃ~最高の宝物になりますよ。
そういうの、少なかったなあ。。。

だいたい「私と気持ちが通じた!!」と初めて実感できたのは、小学校中学年くらいだったし・・・。

普通の親は、3歳頃からこういう子育ての喜びっていうものを日々の生活の中でちょこっとちょこっと感じているんだろうなあ。だから、イライラしたり頭に来たりすることがあっても、こういうことで軽減されていくんだろうなあ。。。


そういった意味では、日々のちょこっと喜びがフツーより少なかった子育てをしてきた私は、ある意味、えらいんじゃなかろうか?(←自画自賛)

このブログに遊びに来て下さる方々も、そういった方々が多いんじゃないかなあ。。。
人知れず涙していることもたくさんあるだろうし。。。
苦労だって悩みだって、いっぱい抱えてきたし。。。

それでも投げ出さず、ずっとここまで子育てしてきた皆さん!私たちってえらいですよ!!(←急にどうした

そして、フツーの子育てじゃなかったからこそ味わえた喜びや発見もあるんですよね。
それを忘れないようにしないといけませんね。

「はじめてのおつかい」をみて、ちょっと複雑な思いをしていましたが、何だかブログ書いているうちに立ち直ってきました。(←単純。)

coccoのお陰で、人の痛みをちょっとだけ分かるようになってきた自分がいます。それだけでも良かったのかな。
いまだに時々、「ああ・・coccoが普通の子だったら、どんなだったかな。」と悲観的な感情の波に襲われることがあります。
だけど、そうじゃなくてcoccoがいてくれたからこそ、出逢えた人のことや、新しい価値観を持てる自分になれたことに感謝しなくちゃいけませんね。

本日、なんだかんだと言っておいて自分で勝手に起承転結してしまいました。大変失礼いたしました
たまにこういう日もあります。ごめんなさい。


ワンポチ励みになります。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
よろしかったらポチっと応援お願いします。



新年明けましておめでとうございます。

もう1週間たってしまいました

今年もどうぞよろしくお願いします

illust2489_thumb.gif
イラスト:わんパグさん

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
よろしかったらポチっと応援お願いします。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。